ガラス被膜形成コーティング塗料
MARK(マルク) とは?

MARK(マルク)は、ガラス被膜を形成することで、金属をはじめ、ゴム、プラスチック、木など、様々な素材を保護し、その高い耐久性から、その素材の寿命を大幅に伸ばすことが出来る塗料です。

様々な実証実験を経て、その耐久性を立証。様々な業界で導入されると共に、多くの企業様より引き合いを頂いております。
今までも様々な分野において、ガラスコーティング系商品は非常に注目されていた商品のひとつですが、同じガラスコーティング系商品でも、その性能は様々です。
「MARK」は長年の研究と実証実験を繰り返し、最高レベルのガラス被膜コーティング塗料として販売を開始した商品です。また、様々な樹脂製品に比べその安全性も高く、環境に優しい商品でもあります。

「全ての製品をガラスでラッピングする」
そんなことを私共のテーマとし、自信を持って「MARK」をおすすめさせて頂きます。
是非一度「MARK」の性能をお試し下さい。

ガラス被膜形成コーティング塗料
MARK(マルク) とは?

MARK(マルク)は、ガラス被膜を形成することで、金属をはじめ、ゴム、プラスチック、木など、様々な素材を保護し、その高い耐久性から、その素材の寿命を大幅に伸ばすことが出来る塗料です。

様々な実証実験を経て、その耐久性を立証。様々な業界で導入されると共に、多くの企業様より引き合いを頂いております。
今までも様々な分野において、ガラスコーティング系商品は非常に注目されていた商品のひとつですが、同じガラスコーティング系商品でも、その性能は様々です。
「MARK」は長年の研究と実証実験を繰り返し、最高レベルのガラス被膜コーティング塗料として販売を開始した商品です。また、様々な樹脂製品に比べその安全性も高く、環境に優しい商品でもあります。

「全ての製品をガラスでラッピングする」
そんなことを私共のテーマとし、自信を持って「MARK」をおすすめさせて頂きます。
是非一度「MARK」の性能をお試し下さい。

ガラス被膜形成コーティング塗料
MARK(マルク) とは?

MARK(マルク)は、ガラス被膜を形成することで、金属をはじめ、ゴム、プラスチック、木など、様々な素材を保護し、その高い耐久性から、その素材の寿命を大幅に伸ばすことが出来る塗料です。

様々な実証実験を経て、その耐久性を立証。様々な業界で導入されると共に、多くの企業様より引き合いを頂いております。
今までも様々な分野において、ガラスコーティング系商品は非常に注目されていた商品のひとつですが、同じガラスコーティング系商品でも、その性能は様々です。
「MARK」は長年の研究と実証実験を繰り返し、最高レベルのガラス被膜コーティング塗料として販売を開始した商品です。また、様々な樹脂製品に比べその安全性も高く、環境に優しい商品でもあります。

「全ての製品をガラスでラッピングする」
そんなことを私共のテーマとし、自信を持って「MARK」をおすすめさせて頂きます。
是非一度「MARK」の性能をお試し下さい。

■ 劣化する様々な物質

MARKをご案内する前に、まずは様々な資材の劣化についてご案内致します。
地球上に存在する資材は日々劣化・酸化を繰り返して行きます。
紫外線・酸性雨や汚染された大気により劣化が進み、資材に付着した付着物は空気中の水分や硫黄分等を表面に呼び込み、同時に酸化も進みます。
酸化は、樹脂や塗料では割れたり剥がれたり、金属では錆の形で現れます。
更には、適度な水分や温度及び湿度条件が揃うとカビが発生します。
これらを防ぐのは容易ではありません。
そこでガラス被膜コーティング塗料 「MARK」 が、これらのお悩みを解決します!

MARKで素材の表面をコーティングすることで、ガラス被膜が形成され、素材そのものを保護することで、耐久性が大幅に向上します。

■ 劣化する様々な物質

MARKをご案内する前に、まずは様々な資材の劣化についてご案内致します。
地球上に存在する資材は日々劣化・酸化を繰り返して行きます。
紫外線・酸性雨や汚染された大気により劣化が進み、資材に付着した付着物は空気中の水分や硫黄分等を表面に呼び込み、同時に酸化も進みます。
酸化は、樹脂や塗料では割れたり剥がれたり、金属では錆の形で現れます。
更には、適度な水分や温度及び湿度条件が揃うとカビが発生します。
これらを防ぐのは容易ではありません。
そこでガラス被膜コーティング塗料 「MARK」 が、これらのお悩みを解決します!

MARKで素材の表面をコーティングすることで、ガラス被膜が形成され、素材そのものを保護することで、耐久性が大幅に向上します。

■ 劣化する様々な物質

MARKをご案内する前に、まずは様々な資材の劣化についてご案内致します。
地球上に存在する資材は日々劣化・酸化を繰り返して行きます。
紫外線・酸性雨や汚染された大気により劣化が進み、資材に付着した付着物は空気中の水分や硫黄分等を表面に呼び込み、同時に酸化も進みます。
酸化は、樹脂や塗料では割れたり剥がれたり、金属では錆の形で現れます。
更には、適度な水分や温度及び湿度条件が揃うとカビが発生します。
これらを防ぐのは容易ではありません。
そこでガラス被膜コーティング塗料 「MARK」 が、これらのお悩みを解決します!

MARKで素材の表面をコーティングすることで、ガラス被膜が形成され、素材そのものを保護することで、耐久性が大幅に向上します。

■ MARKは様々な素材に塗布が可能

MARK は画期的な特性によって、不可能であった素材への塗布を可能にし、
驚異的な耐久性の持続と向上

が望める次世代のガラス被膜コーティング塗料です。
様々な製品へ施工することで驚異的な耐久性の持続と向上が望めます。
MARKによるガラス被膜コーティングはバリア性に優れている為、劣化・酸化及びカビを防ぐことが出来る優れた製品です。
液常温硬化型の無機ガラス(透明シリカ膜)で、膜厚が2μを超えてもクラックが入りません。


シリカは石英などの結晶性シリカと、シリカゲル・未焼成の珪藻土や生物中に存在する非結晶性シリカの2つに大別される。

  • 砂の主成分であり、ガラスの原料となる珪砂もシリカからなる。
     (ウィキペディア百科事典より引用)

■ MARKは様々な素材に塗布が可能

MARK は画期的な特性によって、不可能であった素材への塗布を可能にし、
驚異的な耐久性の持続と向上

が望める次世代のガラス被膜コーティング塗料です。
様々な製品へ施工することで驚異的な耐久性の持続と向上が望めます。
MARKによるガラス被膜コーティングはバリア性に優れている為、劣化・酸化及びカビを防ぐことが出来る優れた製品です。
液常温硬化型の無機ガラス(透明シリカ膜)で、膜厚が2μを超えてもクラックが入りません。


シリカは石英などの結晶性シリカと、シリカゲル・未焼成の珪藻土や生物中に存在する非結晶性シリカの2つに大別される。

  • 砂の主成分であり、ガラスの原料となる珪砂もシリカからなる。
     (ウィキペディア百科事典より引用)

■ MARKは様々な素材に塗布が可能

MARK は画期的な特性によって、不可能であった素材への塗布を可能にし、
驚異的な耐久性の持続と向上

が望める次世代のガラス被膜コーティング塗料です。
様々な製品へ施工することで驚異的な耐久性の持続と向上が望めます。
MARKによるガラス被膜コーティングはバリア性に優れている為、劣化・酸化及びカビを防ぐことが出来る優れた製品です。
液常温硬化型の無機ガラス(透明シリカ膜)で、膜厚が2μを超えてもクラックが入りません。


シリカは石英などの結晶性シリカと、シリカゲル・未焼成の珪藻土や生物中に存在する非結晶性シリカの2つに大別される。

  • 砂の主成分であり、ガラスの原料となる珪砂もシリカからなる。
     (ウィキペディア百科事典より引用)

■ MARKガラス被膜コーティングはここが違う

MARKガラス被膜コーティングは表面が平らに仕上がる為、汚れが着きにくく落ちやすくなります。 私たちの目には、平らに見えるプラスチック・塗膜・金属・石・木等の表面も、マクロの目で見ると、ガラス以外はすべて針山状態です。 汚れがこの針山の谷間に付着することで、より取れにくくなってしまうのです。 MARKガラス被膜コーティングは、この針山の部分をコーティングすることで表面が平らになり、汚れにくくまた、汚れを落としやすくします。
MARKは様々な素材に密着しやすい性質を持っています。素材を傷や汚れから守ることはもちろん、その耐久性能を大幅に伸ばすことが出来る万能ガラス被膜コーティング塗料です。


■ MARKガラス被膜コーティングはここが違う

MARKガラス被膜コーティングは表面が平らに仕上がる為、汚れが着きにくく落ちやすくなります。 私たちの目には、平らに見えるプラスチック・塗膜・金属・石・木等の表面も、マクロの目で見ると、ガラス以外はすべて針山状態です。 汚れがこの針山の谷間に付着することで、より取れにくくなってしまうのです。 MARKガラス被膜コーティングは、この針山の部分をコーティングすることで表面が平らになり、汚れにくくまた、汚れを落としやすくします。
MARKは様々な素材に密着しやすい性質を持っています。素材を傷や汚れから守ることはもちろん、その耐久性能を大幅に伸ばすことが出来る万能ガラス被膜コーティング塗料です。


■ MARKガラス被膜コーティングはここが違う

MARKガラス被膜コーティングは表面が平らに仕上がる為、汚れが着きにくく落ちやすくなります。 私たちの目には、平らに見えるプラスチック・塗膜・金属・石・木等の表面も、マクロの目で見ると、ガラス以外はすべて針山状態です。 汚れがこの針山の谷間に付着することで、より取れにくくなってしまうのです。 MARKガラス被膜コーティングは、この針山の部分をコーティングすることで表面が平らになり、汚れにくくまた、汚れを落としやすくします。
MARKは様々な素材に密着しやすい性質を持っています。素材を傷や汚れから守ることはもちろん、その耐久性能を大幅に伸ばすことが出来る万能ガラス被膜コーティング塗料です。


Copyright (c) 株式会社丸勝. All Rights Reserved.